人気ブログランキング |

ジュゼッペ・ネローニ・カンチェッリ Giuseppe Neroni Cancelli

ジュゼッペ・ネローニ
Giuseppe Neroni (1784 Ripatransone - 1858 San Benedetto del Tronto)
ジュゼッペ・ネローニ・カンチェッリ Giuseppe Neroni Cancelli_b0189423_21180498.jpg
騎士ピエトロ・パオロ(Pietro Paolo)とアスコリ・ピチェーノのテクラ・ムッチアレッリ(Tecla Mucciarelli)女侯爵の間に生まれた。

幼いころからフランス人教師からフランス語を学んだ。
父親にレカナーティの神学校に登録され、アッカデミア・デイ・リコヴェラーティ(
Accademia dei Ricoverati)に受け入れられた。
その後、ローマ大学で法律の勉強をした。
サンタ・チェチーリア音楽院に在籍し、学位を取得した。
この頃、後に詩人として有名になるジュゼッペ・ジョアキーノ・ベッリ(Giuseppe Gioachino Belli 1791-1863)に会った。

父親が勧めた教会協会への登録を拒否したため、勉強を辞め故郷のリパトランソーネ(Ripatransone)へ戻り、音楽、文学、哲学の研究に専念した。

1805年に貴族のパチフィーカ・カンチェッリ・ダクアヴィヴァ・ピチェーナ(Pacifica Cancelli d'Acquaviva Picena)と結婚しサン・ベネデット・デル・トロント(San Benedetto del Tronto)に引っ越した。

1810年、領地はナポレオン・ボナパルト(Napoleone Bonaparte)が建国したイタリア王国の一部になった。
ナポリ王国の最初の領事代理人、副知事、知事になろうとしていた、1815年にオーストリアに宣戦布告し、周囲は対戦で負傷した兵士、1万人のオーストリア人の遺体であふれた。

ジュゼッペ・ネローニは、マルケ海岸沿いのナポリ王国の副領地だったが、この地位を辞任して引退し、音楽、文学、歴史の研究に専念した。
ジュゼッペ・ネローニ伯爵は「貴族のアマチュア(dilettante aristocatico)」と言われる貴族家系で文学愛好家、音楽愛好家の顔を持つ政治家だった。

音楽の研究、特にクラリネットとバセット・ホルンの研究を非常に情熱を持っていた。
1825年頃、アスコリ・ピチェーノ(Ascoli Piceno)の劇場オーケストラでクラリネット奏者として演奏した。

ヴィンチェンツォ・チウッフォロッティ(Vincenzo Ciuffolotti 1769-1840)やフィリッポ・マルチェッティ(Filippo Marchetti 1831-1902)などの作曲家は、ジュゼッペ・ネローニの為にバセット・ホルン協奏曲を書いた。


1858年、肺炎になり、8日間の闘病の後亡くなった。


= 作品録 =
・Sonata per corno di bassetto e orchestra 





by clarinetto | 2020-05-10 22:18 | イタリア人クラリネット奏者

イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之がイタリア各地の音楽院図書館から1800年代に出版され絶版になってしまった楽譜を発掘し紹介しているブログです


by clarinetto