人気ブログランキング |

フェルディナンド・ブゾーニ:牧歌風夢想曲

イタリアで絶版になってしまった作品を、イタリア各地の図書館から発掘し再出版したシリーズです。

フェルディナンド・ブゾーニ (1834-1909)
監修:奥田英之

牧歌風夢想曲

編成:クラリネット、ピアノ

フェルディナンド・ブゾーニ:牧歌風夢想曲_b0189423_1025584.jpg
出版楽譜 ピアノ 全7ページ

フェルディナンド・ブゾーニ:牧歌風夢想曲_b0189423_1033545.jpg
出版楽譜 クラリネット 全3ページ

楽譜のご注文は「花曜社」へ


フェルディナンド・ブゾーニ(Ferdinando Busoni 1834-1909)は、イタリア・トスカーナ州エンポリ(Empoli)生まれのクラリネット奏者。
イタリア・フリウリ=ヴェネーツィア・ジゥーリア州トリエステ(Trieste)生まれのピアノ奏者Anna Weissと結婚し、作曲家のフェルッチオ・ブゾーニ(1866-1924)が生まれた。

フェルディナンド・ブゾーニは、エンポリの地域吹奏楽団のガエターノ・ファビアーニ(Gaetano Fabiani)にクラリネット習った。
20歳の時、リヴォルノの吹奏楽団でマエストロ・カルリーニ(Carlini)のもと演奏をしていた。
「楽器を特別なソリストのように扱い、現在はヴァイオリン、今はイタリアの歌に影響を受けている」と後に息子(フェルッチオ・ブゾーニ)が語っていた。
これは、当時ヨーロッパ全体で有名になっていたエルネスト・カヴァッリーニ(1807-1874)の演奏スタイルに影響されていたと思われる。

1862年の5か月間、フェルディナンドはノヴァーラ(ミラノから約50km)の地方音楽専門高校に努め、地方自治体の吹奏楽団でも演奏をしていた。
その後、ボローニャやミラノで演奏会を開催し、有名なフィルハーモニー・アカデミーのメンバーに任命されトリエステ(1863)、ヴェネツィア、シュトゥットガルト、ナンシー(1868)、パリ(1869,1870)、ボルツァーノ(1879)、ウィーン、ミラノ、アレッツォ(1884)、ゴリツィア(1970,1890)を訪れた。

フェルディナンドは、ロベルト・シューマン(1810-1856)の幻想小曲集op.73(1849)、カール・マリア・フォン・ウェーバー(1786-1826)の協奏的大二重奏曲op.48(1816)を演奏した、イタリアで最初に演奏したクラリネット奏者でした。


Ferdinando Busoni

Rèverie Pastorale
per Clarinetto con accompagnato di Pianoforte

当時のオリジナル楽譜の表紙
フェルディナンド・ブゾーニ:牧歌風夢想曲_b0189423_2384453.jpg


楽譜のご注文は「花曜社」へ

by clarinetto | 2014-10-23 10:15 | Clarinetto B...

イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之がイタリア各地の音楽院図書館から1800年代に出版され絶版になってしまった楽譜を発掘し紹介しているブログです


by clarinetto